ON THE UMAMIとは

口の中でやさしく、温かい余韻がひろがる「うまみ(UMAMI)」への着目は、
日本人の本質的な感性であり、日本文化の礎のひとつとも言えるもの。
「うまみ(UMAMI)」の本質とは、そこにあるものに気づき、見出すことと言えるのです。

ON THE UMAMIはダシづくりを追求していく中で「うまみ」成分の
科学的な分析と、職人の感性や技術力の両方に目を向けることで
「うまみ」にある本質と絶えず向き合い続けてきました。

そこで得た、本物のよさを見極め感じ取る視点や感性で、
舌の上で感じる味わいとしてのおいしさだけでなく、
食の枠を超えた「UMAMIを軸に広がるライフスタイルブランド」として、
人生を豊かにおいしくする提案を続けていきます。

うまみを知る

「うまみ」とは感覚ではなく、れっきとした味の成分。
昆布のダシから日本の科学者が発見し、舌にうまみ成分を感じ取る組織が
あることも解明され、第5の基本味として認められました。
世界共通の公式用語「UMAMI」として表記されるなど、
日本人ならではの繊細な感性が世界的に大きく注目を集めています。

うまみを成分 相乗効果

うま味成分を大きく分けるとアミノ酸(グルタミン酸塩)や
核酸(イノシン酸塩、グアニル酸塩)の2つに分類でき、
両方の相乗効果で「うまみ」は増します。
さらに、素材を乾燥や発酵、熟成などの加工を施すことで、
水分減少や酵素の働きによって「うまみ」はより増進します。
まだ「うまみ」の存在が発見される以前から世界各国の食卓で、
トマトやチーズが調味料として愛用されていたのもその理由。

人生を豊かにおいしくする

素材の良さを引き出し、その良さを高め「うまみ」を知ることは、
日常の中でそこにあるものの良さに気づき、
毎日の暮らしを本質から豊かに変える発見へと繋がるのです。